バナースタンドの種類

種類や選び方で覚えるバナースタンド

最近では、お店や記者会見などのさまざまなシーンで「バナースタンド」が利用されていることもあり、実際に購入を検討されている方も多いでしょう。ここでは、バナースタンドの種類や選び方、そして販売を行っている業者の選び方について紹介します。

バナースタンドの種類

バナースタンドというのは、幕状の印刷物を専用のスタンドを使って立てる(張る)という方法で設置する看板のことです。種類に関しては、1つ目に「バックボードタイプ」と呼ばれるものがあり、表示面が広いという特徴があります。そのため、屋外で利用される場合が多いのですが、屋内であっても十分な広さがあれば使用できます。2つ目の種類は、「ロールアップタイプ」と呼ばれるものであり、小さくまとめられる上、比較的重量が少ないため、持ち運びや設置がしやすいということが特徴です。そしてロールアップタイプは、屋内でよく利用されるタイプになります。そして3つ目の種類は、「Xタイプ」と呼ばれるものであり、幅広い用途での使用が可能です。そしてXタイプには、屋内と屋外の両方で使用できるタイプのものもあります。

バナースタンドの選び方

バナースタンドを選ぶ際のポイントとして1つ目に挙げられるのは、「横幅を考慮する」ということです。例えばスペースの狭いお店の場合だと、横幅が広すぎるとお客様の邪魔になったりスタッフが動きにくい状況になることもあるため、使用するスペースに合わせた横幅のものを選ぶ必要があるでしょう。2つ目のポイントは、「高さに注意する」ということです。特に、十分な高さのない屋内で高すぎるバナースタンドを設置すると、見た目のバランスが悪くなるため注意しましょう。そして3つ目のポイントは、「デザイン」です。デザインの傾向や良し悪しは制作業者によって異なるため、さまざまな業者のデザインを見比べるなどした上で選ぶようにするとよいでしょう。

制作業者の選び方

バナースタンドの販売をしている制作業者は多数存在するため、どこを選んだらいいか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで知っておきたい、業者選びのポイントとして1つ目に挙げられるのは、「安く購入できるかどうか」ということです。例えば、セールを行っている業者であれば、同じような商品をより安く商品を購入することができるでしょう。2つ目のポイントは、「品数が豊富に揃っているかどうか」ということです。品数は業者によっても異なるため、品数が豊富な業者を選んだほうがより選択肢が広がると言えます。そして3つ目のポイントは、「実績があるかどうか」ということです。業者のウェブサイトでは採用事例などが掲載されている場合も多いため、それを確認するのも実績を知る一つの方法だと言えるでしょう。