バナースタンドとは

販促に欠かせないバナースタンドについて

お店の存在を知ってもらうためや、道行く人の購買意欲を誘うものとして、お店にとって看板とは欠かせない存在ですよね。
実は一口に看板といっても沢山の取水があるのです。そんなたくさんの看板の中でも今回はバナースタンドについて詳しく解説していきます。

看板を立てる理由とは

先ほども書いた通り、一口に看板といっても実にたくさん種類があります。しかし、どんな種類の看板であっても看板を出す目的というのはたった一つで、それは自分のお店を宣伝するためです。例えばCDショップのCDが並んでいる前においてある手書きのポップであってもそれはお店がイチオシしているCDを宣伝しているため、看板として十分機能しています。
そんな看板の中でも最も宣伝効果が高いといわれているのがバナースタンドなのです。
宣伝効果が高い看板ですから毎日のようにとても数多くのお店がバナースタンドを立てています。バナースタンドという言葉は一般的には聞きなれない言葉かもしれませんが、バナースタンド自体は誰もが必ず一度は見かけている看板です。

バナースタンドの名称の由来

ここからはバナースタンドについてもう少し詳しく解説していきましょう。
バナースタンドのバナーというのはいわゆるアイコンンの一種で、本来は旗印という意味あいがあります。
例えばインターネットでホームページを見ているときにそのページとは全く関係のない商品の画像が小さく張られていたりしないでしょうか。そしてその画像をクリックすることでその商品を紹介するサイトに飛んでいけたりしますよね。これがバナーです。
つまり、バナースタンド看板というのは広告用や宣伝用にそのお店の目印としてとても目立つ作りになっている看板だといえます。
街中を歩いていると自立している大きな立て看板を見る機会が多いのではないでしょうか。それがバナースタンドと呼ばれているものです。

バナースタンドの特徴

バナースタンドがほかの看板に比べてそのお店のPRをする看板としてとても優れているのは、バナースタンドだけが持っているいくつかの大きな特徴があるからです。
一つ目はとにかく表面積が大きいのでとても目立つということです。バナースタンドはその看板を支えるための柱の面積が最小限にとどめられています。ですから広告面をとても広くとることができるのです。その結果大胆なデザインを取り入れたり、大きな写真を掲載したりするのにとても適しているのです。これはお客さんへの積極的なアピールができる最善の方法と言えるでしょう。
二つ目は場所をそれほど取らないということです。看板の作りがとてもシンプルなために室内においてもお客さんに圧迫感を感じさせることはありません。