バナースタンドって何?

そもそもバナースタンドとはなんだろう?

バナースタンドは私たちの普段の生活でよく目にする広告催促ツールの一つです。一般の方々の言葉への馴染みは薄いですが、その種類は実に多種多様であり、消費者に対してより効果的に広告をPRするかという面では非常に融通の利く便利なものなのです。

バナースタンドとは?

バナースタンドという言葉は私たちにあまり馴染みのない言葉かもしれません。しかし実際のところバナースタンドは私たちの日常生活の中でよく目にするものなのです。そもそもバナースタンドとは「バナー(banner)」=「旗・横断幕・のぼり」、そして「スタンド(stand)」=「立つこと(転じて何かを支えて立たせたり持ち上げたりする部品や器具のことを指す)」というように訳されます。イベントやショッピングセンターなどで新商品の紹介やセールのお知らせなどのPRをしているパネルのようなものが、このバナースタンドにあたります。また芸能人へのインタビューの際に、後ろに会社名や商品名が書かれているいわば背景として目にするあの大型パネルも実はバナースタンドなのです。このように、ふと気にかけてみるとバナースタンドは実に幅広い場面で使用されているものなのです。

バナースタンドの種類とは!?

一言でバナースタンドと言っても、そのバリエーションは使用するシチュエーションに合わせて実に多岐にわたります。バナースタンドは大きく分けて「ロールアップ(巻取り)タイプ」・「ハトメ(X型)タイプ」・「展張(L型)タイプ」の三つのタイプがあります。ロールアップタイプは広告の表示面を本体に丸めて収納できるため、持ち運びも簡単な点が最大の魅力です。設置時にもかさばらす、かつすっきりとした印象を与えます。ハトメタイプはとにかく見た目重視のタイプです。通常であれば表示面を上下にのみ引っ張るところを、このハトメタイプは上下に加えて左右にも引っ張ることで広告をピンと張り、内容をより主張できるようにつくられています。そして展張タイプは上下の連結部分に広告を挟み込むだけのシンプルなつくりなものをさします。組み立てが簡単ですし、工夫次第で多種多様な表現が可能なところが魅力的なところです。

バナースタンドの魅力とは?

バナースタンドは使用者の要望に合わせて臨機応変な対応が可能です。例えばバナースタンドを新商品のPRイベントで使用したいという際には、複数会場を回ることを想定して、持ち運びが便利になる収納ケース付きのものをおすすめします。かつ組み立てを工具を一切使わずに出来るようなタイプのバナースタントを使用することが望ましいでしょう。またレストランにおいて、お店のイチ押し商品を屋外で街ゆく人々に宣伝するために使用したいという際には、風や雨に強い丈夫なつくりで安定性に非常に優れたタイプのバナースタンドを使用することが考えられます。このようにバナースタンドは使用する一人一人に合わせたカスタマイズが可能です。価格やサイズに関しても実に幅広い商品展開がされているので、ぜひ一度、広告催促ツールとして使用する価値は十分にあると思います。